2017年05月27日

シングルマッチ

ことシチュエーション・コメディは、"集団戦"である。各プレイヤーがそれぞれの役割(ロール)を遂行することで、"状況"を"場"を作り、笑わせる。個々人のスタンドプレイでなく、連携で笑いを取るコメディなのだ。
みたいなことを良く聞くし、おれも言う。
実際正しい考えだと思う。概ね。

幸いアガリスクは(もちろん常連客演陣も含め)長期間パーマネントなメンバーで活動できている。そのおかげでチームプレイに関しては些かの自信があるし、「型(スタイル)」と「主義(イズム)」含めて評価してもらえていると自負している。俳優個人ではなく、「アガリスクエンターテイメント」という劇団単位での評価、少し生々しい話をすればその単位でお客さんもついている。
それは、目指していたところだ。個人ではなく、集団として世に出ること。

もちろんこっからだ。こっからだ、と考えていくときに、どうしたって問われる。
"個"が問われる。

集団として強いことは、個人として弱くていいことの理由にはならない。シチュエーションコメディが集団芸だとして、それは一人で客席を沸かせられない理由にならない。してはいけない。
集団がピンチのとき(中核メンバーの喪失とか、ね)こそ、個々人の"持ちもの"が問われる。旗揚げから参加する古株だからこそ、安寧としてポストにしがみつくような恰好悪いことができるか。

つまりなんだ、打って出るのは今なんだ。

今日まで出演させてもらったガソリーナでの二人芝居。
そしてえいや、と思い立って挑戦する初の一人芝居しかも自作自演「INDEPENDENT:17」。

つまり、そういうことです。



posted by 淺越岳人 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。